2015/8/25 パナマ運河:9月8日より喫水制限


パナマ運河当局は運河通航のための最大喫水レベルを2015年9月8日より、現行の熱帯淡水(Tropical Fresh Water)12.04m(39′6″)から11.89m(39′0″)に引き下げると発表しました。また9月15日以降にはさらに11.73m(38′6″)に引き下げる可能性があるとしています。具体的な規制条件等の詳細はLPB1055をご覧ください。


2015/7/27 パナマ運河:水位低下に関する警告


2015年7月、パナマ運河当局は降雨量が少ないことから運河の水深が例年に比べ著しく低下しており、運河通航のための最大喫水レベルを引下げる可能性があると警告しています。引下げの判断は7月末頃までに下されると見られており、その4〜5週間後に実施されることが予想されます。現在の最大喫水レベルは 39’06’’ (12.04 m)ですが、引下げは6インチ程度となると見られています。

また、運河当局は9月末に保守点検のためPedro Miguel Locksの一部を9日間閉鎖することをAdvisory to Shipping A-20-2015で発表しており、これも通航量の低下に影響を及ぼすことが予想されます。


2015/7/27 フィリピン・インドネシアからのニッケル鉱運送に関する警告


2015年7月、フィリピンSurigao港からニッケル鉱貨物を積載した船舶が貨物の液状化によって船が傾き、座礁に至った海難事故が発生しました。

ニッケル鉱は国際海上固体ばら積み貨物(IMSBC)コードにおいて、液状化のおそれのある貨物としてグループAに分類されており、すべてのニッケル鉱貨物は積載前に許容水分値や含水量を測定することになっています。船長はその測定が積載港において積付け直前に行われたかに注意し、積載時には頻繁に缶テストを行い、貨物の状態を監視することが必要です。

国際グループに加盟するすべてのP&Iクラブでは、インドネシアあるいはフィリピンの港でニッケル鉱を積載する場合、船主はクラブにその旨を事前通知することを義務化しています。(クラブ回覧24/13及び08/12

当クラブではこれまで液状化の恐れのある貨物に関する注意喚起のための専門ページを設けておりますので、是非ご参照ください。 

過去記事はこちら

Resource Pages

・船舶責任制限条約(LLMC96) IMO Bulletins 19 April 2012
・船舶に係わる契約関係 (IGの補償状標準書式など)
・国際経済制裁  Iran / Syria / Ukraine / Libya
・環境問題 International Environmental Compliance
・船舶からの廃棄物による汚染防止 MARPOL V / Checklist
・大気汚染防止 MARPOL VI and Air Pollution
・バラスト水管理 Water Ballast Management
・極海航路 Polar Shipping
・2006年海上労働条約 MLC専門サイト(和文
・国際物品運送条約 Rotterdam Rules
・バンカー条約 Bunker Convention和文
・海賊問題 Maritime Security & Piracy / BMP4(英中文
・海上における難民問題 Refugee's at Sea New!
・イエメン情勢 Situation in Yemen New!
・PSC・MOU Port State Control
・ECDIS Part 1 / Part 2 / Part 3 / Part 4

・エボラ出血熱 Ebola Virus和文資料Legal Briefing
・アジア型マイマイ蛾 Asian Gypsy Moth
・微粉鉄鉱石/ニッケル鉱 IMSBC Group A cargoes
・石炭貨物 Carefully to carry / Check list / Technical Bulletin 37

・米国VRP US Vessel Response Plan compliance
・中国 Chinese Marine pollution regulations Updated !

更新情報

08/26 トップ:パナマ運河: 9月8日より喫水制限
08/24 LPB1055:パナマ運河の水位低下に関する警告 (パナマ)
08/18 LPB1054:パリ・東京MOU PSC集中検査キャンペーン(CIC)
08/18 LPB特別号:天津爆発事故
08/13 LPB1053:大気汚染防止規制についての再警告
08/03 LPB1052:グレナダ沖”Kick'em Jenny"海底火山の活発化 (西インド諸島)
07/28 回覧10/15:ニッケル鉱貨物の安全運送 - インドネシア及びフィリピン
07/27 LPB1051:パナマ運河の水位低下に関する警告 (パナマ)
07/27 トップ:パナマ運河:水位低下に関する警告
07/27 トップ:フィリピン・インドネシアからのニッケル鉱運送に関する警告

Loss Prevention Products

4/24 Carefully to Carry: Flashpoint contaminations of diesel oil and gas oil
4/17 Carefully to Carry: Bitumen Natural and Rock
4/16 Carefully to Carry: Heavy Lifts and Project Cargo
3/20 Guidance/Check List: Project Cargo Matters
2/24 Legal Briefing: Ballast Water Management - Feb 2015 Update
12/11 Legal Briefing: Safe port and Ebola Virus
09/26 Legal Briefing: CITES (Washington Convention)
09/18 US Pollution Risks: Federal and State Summaries
09/09 Arctic Shipping: P&I Insurance FAQs
08/01 UK P&I Briefing: Ebola Outbreak英文和文
06/17 Pocket Guide: How to Comply with MARPOL Annex I
06/11 Legal Briefing: Stricter air pollution regulations on the horizon
06/11 MARPOL VI: Low-sulphur fuels: Technical problems and solutions